カテゴリー別アーカイブ: 未分類

青汁で健康をゲットしましょう

青汁は、錠剤タイプ、粉末タイプ、冷凍タイプがありさまざまなところで摂取が可能であります。

外出先でも便利に摂取が可能であります。

一日の理想的な野菜の摂取量とは350gといわれております。

なかなか大変な量であり、毎日となるとさらに大変であります。

その必要量を青汁であれば容易に可能とします。

ダイエットとしてもなかなか成功としない方も、日々の生活で青汁を取り入れるだけで代謝アップ、老廃物や有害物排除で理想体重へ導いてくれるでしょう。

ダイエット成功とともに美肌と健康が同時に得られるでしょう。

バランスのとれた食事や適度な運動や睡眠といわれてもなかなか実施は難しいものであります。

継続はさらに難しいものであります。

青汁摂取であればそれほど難しいものではなく、時間も手間も不要です。

継続摂取に最適なアイテムであります。

健康といっても精神的な健康効果もございます。

精神を安定とさせリラックス効果があります。

深い眠りが可能であり快眠効果抜群で疲労回復も抜群であります。

日々の疲れを蓄積とし毎日をいきいきと楽しめないという方も大丈夫であります。

青汁を日々の生活にとりいれるだけでいきいきとした毎日が得られます。

さまざまなことにも果敢に挑戦とできます。

日々の疲れがとれないと、やはりフルパワーで挑戦も難しく自身でセーブとしてしまうでしょう。

これも不要なのであります。

疲れを理由に挑戦を断念とすることは大変悔しいものであります。

より日々の生活を満足とし満ち足りた生活とできるでしょう。

体に対する負担はより減らすことが大切であります。

体重も理想体重とすることは、体の負担を減らすこととなります。

食事制限をするのは大変でありストレスがたまるものであります。

食事を減らさず代謝をアップとさせ、自然と体重が減らせるなんて理想的だと思います。

食べるという楽しみを阻害されないなんて本当にありがたいことであります。

五感をより活用とし青汁でトータルビューティーをサポートし、これからの人生をより満喫としましょう。

健康でなければ何もできません。

青汁があなたやわたしを健康へ導きます。

お茶代わりに青汁

たまたま家族から勧められて飲むようになった青汁が、現在では欠かせない飲料になっています。

まず、最初はパッケージに書かれていた飲み方通りにしました。具体的にはスティック1本分の粉末6グラムを100mlの水に溶いて飲むやり方です。最初はあまり美味しく感じませんでしたが、一週間くらいすると苦い中にも甘味があることに気付き、それからは毎朝一杯の青汁がとても美味しいものに思えるようになりました。

また青汁を飲む器にもちょっとしたこだわりを持っています。青い竹のコップで飲むようにしています。青竹の色と青汁の色は寸分変りませんので彩りも鮮やかです。こうすることで一日の始まりらしい習慣を身に付けることが出来ています。

そして、私がさらに新しい習慣としていることがあります。それは、青汁をお茶の代わりにすることです。この次期(今は真冬です)、冷水で溶いた青汁を飲むと身体が冷えます。朝の一杯だけなら問題ありませんが、一日中冷たい青汁はそうそう飲めるものではありません。

それで現在しているのは、コーヒーメーカーでホット青汁を作成することです。スティックから取り出した粉末をガラス瓶に移し、その都度適量を湯飲みに入れ、そこにコーヒーメーカーで瞬間沸騰させた熱湯を注ぎ込みます。するとスプーンで撹拌する手間もなく、綺麗に溶けたホット青汁が瞬く間に出来上がります。

これだと苦味は全くなく、それでいて緑茶とほとんど同じかそれ以上にお茶らしいお茶の色が出せます。また青汁にはカフェインも含まれていませんので、飲みすぎても夜眠れなくなる心配がありません。

しかし、摂り過ぎはしないようにしています。パッケージに書かれた注意書きによると、一日の摂取量はスティック1本か2本程度が適当とされています。ですから、毎朝スティック1本の青汁を飲んだ後は、スティック1本分である6グラムの粉末で作れる範囲内でお茶代わりにして飲むようにしています。

野菜不足を補う青汁

先日、ドラッグストアに行ったら、青汁コーナーがあり、たくさんの青汁が置いてありました。

私は以前、青汁を飲んでいた時期があったので、その効果は実感していました。
当時の私は野菜不足だったので青汁を飲み始めました。

しばらく青汁を飲んでいましたが、野菜不足から解消されるとともに、自然に青汁を飲むのを止めてしまいました。

また、野菜不足の生活が続くようなら、青汁を復活したいと思っています。

食生活を全て、健康食品やサプリメントに頼るのは、よくないことです。
しかし、毎日健康を考えながらの食生活を送っていても、時には体調が良くなかったり、いろいろ支障をきたしてしまうものです。

そのような時に、青汁のような補助食品が役に立ってくれます。
毎日、野菜を多く摂っていくのは意外と大変なことです。

青汁1杯で、たくさんの野菜の成分が入っていますし、十分に野菜不足を補うことができます。

私は濃厚な野菜ジュースの感覚で、毎日飲んでいました。
青汁はいろいろな種類があるので、自分の好みに合うものを選んで、飲み続けた方が良いと思いました。

確かに効果の高いものは、健康にも大変良いですが、中には飲みにくいものもあります。

長く飲み続けることを考えれば、飲みやすいものを選ぶことが大事だと思います。
美味しいと思えないと、なかなか続けることは難しいようです。

私は青汁の粉末を水で溶かして飲んでいましたが、他にもジュースで割ったりして飲むこともありました。
また、お湯で割って、温かくして飲むこともありました。

その日の気分や好みに合わせて、青汁を飲むのも変化があって良いと思います。
とにかく、続けることが大事なので、自分が続けやすい方法をいろいろと工夫してみるとよいと思います。

職場の人はお弁当の時間に、毎日青汁を飲んでいました。
時間を決めて飲めば、飲み忘れがないので、これはとても良い方法だと思います。

野菜が不足すると、身体の調子が悪くなってきます。
それを防ぐためにも、青汁を補助食品として、活用していきたいものです。

冬こそ青汁が必要です。

冬になると、どうしても野菜不足になりがちです。
特に、緑黄色野菜が不足してきます。

そこで、何か良い方法はないかと思っていたところ、青汁の広告を目にしました。
青汁は野菜不足になりがちな食生活の改善に役に立つ、と書いてあったので、さっそく試してみることにしました。

今まで青汁は飲みにくい、美味しくないイメージがありました。
しかし、青汁を飲んでみると、思ったよりも美味しく、ごくごくと飲むことができました。

同時に、身体の中の血液がキレイになっていくような感じがしました。
青汁もいろいろなタイプがあることを知りました。
そこで、サンプルなどで、いろいろな青汁を試してみました。

フルーツジュースと割った味の青汁や、粒上タイプのもの、ケールが入った濃縮タイプのものなどさまざまな味と種類の青汁がありました。

最初は濃縮タイプのものは、ちょっと苦手でしたが、青汁に慣れてくると、だんだん飲めるようになっていきました。

特に、青汁を飲んでからは健康的になっていくのを実感できてから、濃縮タイプを見直すようになったため、飲めるようになったような気がします。

私は普段から野菜中心の生活を送っています。
特に春から秋にかけては、緑黄色野菜を豊富に食べています。

しかしどうしても、冬は根菜が中心になり、色の濃い野菜が少なくなってしまいます。
青汁は緑黄色野菜の少ない冬にこそ、効果がある飲み物だと思っています。

もちろん普段から野菜不足を感じている人は、常に青汁を飲んだ方が良いと思います。

青汁は粉末タイプが一番飲みやすいと思いました。
水にもすぐに溶け、一気にごくごくと飲むことができました。
毎日青汁を飲み続けていれば、確実に身体の変化を実感でき、健康になっていくのがわかると思います。

毎日青汁を飲むのを、1日の中に上手く取り入れて習慣づけてしまうのも良いかもしれません。
年齢を問わず、青汁は普段の飲み物としても飲みやすいと思いました。
毎日の健康のためにも、青汁は効果を発揮してくれる健康飲料ですね。

青汁について相談を受けます。

私は30代のOLをしています。そして私はみんなの中で、元気な女性で通っています。

確かに私は健康だと思いますがその秘訣は青汁を飲んでいることだと思います。なので会社に同僚から、青汁についての相談を受けることがあります。

まずは年下の男性社員です。彼はとても痩せていて、はりがねみたいな感じの男性です。彼が言うには、食が細くて、あまり元気がでないのですが、どうしてもたくさん食べることができませんという事でした。そこで私は青汁を勧めました。彼が少食だという事は私は悪くないと思っています。そこは良いのですが、必要な栄養分はとらなければいけません。なので青汁を飲むことで栄養バランスがだいぶ改善するはずだと伝えました。

青汁には、必要なビタミンやミネラルが入っているからです。最低限の食事でも、青汁を飲めば大丈夫だと思います。それと同時に、彼には筋力もかけていると感じました。筋力をつけるにはタンパク質が必要です。タンパク質をとるには、肉や魚、そして大豆製品です。彼は納豆などの豆が好きじゃなく、魚は全く食べられない。お肉も少ししか食べれないというので、では牛乳ならどうかと聞くと、牛乳は好きですといいました。だったら青汁を牛乳で割ることを勧めました。そして毎日軽い筋トレをするといいよと彼に伝えました。彼は素直なので、この教えを守ってくれています。きっと健康になってくれるでしょう。

次に20代の女性がきました。彼女は便秘に悩んでいるそうです。便秘の解決法は多き分けて三つあると思っています。まずは軽い運動をする事で新陳代謝を良くすることです。

二つ目が乳酸菌を飲んで、腸内環境をよくすることです。そして最後は食物繊維が多い野菜を食べることです。彼女は料理ができないという事でしたので、青汁を勧めました。青汁には他の野菜よりも多くの食物繊維がはいっているからです。青汁を飲んで、できたら軽い運動もしてねと言いました。彼女もきっと守ってくれて、便秘を改善できると信じています。